男性用と女性用の育毛剤の選び方は違う

育毛剤=男性が使うもの、だと思っていたので、女性用のものを選ぶ時には、選び方がよくわかりませんでした。CMなどでは何度か見たことがありましたが、よく見てみると、女性用と男性用では内容が異なるようでした。

男性は、特に遺伝が影響するようでしたが、女性も男性も、生活習慣や加齢が影響してくることは共通原因だと書かれていました。

男性用の育毛剤は、男性ホルモンの分泌を抑える成分が含まれていて、女性用のものは老化、栄養不足、乾燥、などを改善してくれる成分がメインとして使われていました。

今までは、男女で育毛剤の選び方に違いがあることは知りませんでした。効くメカニズムが異なるということは、女性ならばやはり女性用の育毛剤を使わないと効果が期待できないということになります。

私の場合には、髪を染めたりドライヤーを使ったりといった髪の毛を傷める原因はつくっていませんでしたが、摂食障害で食べられない期間が長かったので、それによる栄養不足で一本一本の髪が細くなり、抜けやすくなっていました。まだ20代なのに抜け毛の量が多くなり、頭皮が透けて見えてしまうのが悩みでした。

 

使ってみて良かったのは、スプレータイプの育毛剤です。プッシュして使えるので、いちいち手が汚れないのが便利でした。選び方ではコストパフォーマンスと栄養補給を第一に考えて、その他に香りや使い勝手の良さそうなものにしぼって選びました。

育毛剤を使う前に試した石鹸シャンプーとクエン酸リンスは、髪がゴワゴワ&キシキシになってしまい、急いでいる時に髪のけがもつれてイライラするので、すぐにやめてしまいました。頭皮に良いらしいですが、髪のキューティクルが開いて傷むという噂も聞いたので、結局は1週間足らずでやめてしまいました。

育毛剤にしても、シャンプー方法にしても、その人の性格やライフスタイルに合わないと続かないと思います。育毛剤の方は自分の希望にあっていたので、良い選択だったと思っています。

 

2015年7月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sun2smori

自分にあう育毛剤の選び方4ポイント

個人的に、育毛剤を選ぶ時に重視したのは、効果、コストパフォーマンス、香り、付け心地、の4つのポイントです。

まず、自分の薄毛の原因になっているのは、頭皮の血行が悪いこと、栄養が偏っていること、だと思っていたので、結構改善効果がありそうな育毛剤を選びました。

髪の成長を助けてくれるセンブリ、頭皮の健康を取り戻してくれるカンゾウ、発毛しやすい頭皮に整えてくれるニンジン、頭皮に潤いを与える大豆、という4つの生薬が含まれている育毛剤です。

選び方の基準は人それぞれですが、生薬が入っているというと、気分的に肌に優しく効果を出してくれそうな気がしたのも選んだ理由です。

コストパフォーマンスは、選び方では誰しも気にする点だと思います。育毛剤は使い続けないと効果がわからないので、あまり高いものを選んでしまうと、後々困ります。私の場合には、1ヶ月あたりの使用料が2,200円くらいで済むものを選びました。

香りは、最初は無香料が良いかと思いましたが、条件に一致するものが香料入りだったので、それを選びました。シトラス&フローラルの優しい香りなので、それほど気にならないと思ったからです。

育毛剤というと、手にとって髪につけるというイメージを持っていたのですが、選んだものはスプレー式で使えるものでした。1回8プッシュまでで、朝晩つければOKです。見た目がいかにも育毛剤というと気分的にも萎えてしまいますが、ピンクの化粧品のような容器に入っているものだったので、抵抗感なく使えました。ボトルにはメモリがついているので、使った量が把握しやすいのも良かったです。
一番気になる効果ですが、髪の毛にハリが出てきたように感じています。
猫っ毛でぺったりし過ぎていた髪に、少しボリュームが出てきた感じです。お風呂で髪を洗っている時の抜け毛が以前よりも減ってきたように思います。

育毛剤は割と高いものですから、自分が重視したいポイントを踏まえて選び方を考えた方が良いと思います。

 

2015年7月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sun2smori

自分の髪に合う育毛剤の選び方

20代前半から薄毛に悩まされて、今にいたります。ただ、現在は少し改善されてきました。まだまだ、私はあきらめません。現状維持ではなく、少しでも発毛してくれたら、と日々前向きな気持ちでおります。

最近、私の髪の毛が元気になってきているのは、間違いなく今使用している育毛剤が自分に合っているからではないかと思います。私は以前から、手当り次第に、数多く存在する育毛剤を使用してきました。育毛剤ジプシーとでも言いましょうか。一体何が一番効くのかが知りたくて、色々調べたりもしました。

私の結論としては、強すぎる成分の商品は、問答無用ということ。一時的に改善されても、髪は元より地肌のダメージは避けられない。基本は、髪と地肌をたっぷりケアしてあげることに尽きます。

食生活を見直し、栄養素をちゃんと摂るように心がけるのはもちろんです。でも、それだけでは難しい。根気強く、自分の髪と頭皮をいたわってあげる姿勢が大事だと思います。その為には、良い育毛剤の選び方が重要です。程よい刺激を与えつつ、栄養も与える、そんな育毛剤を選ぶのが良いと思います。

私の場合、自分に合った育毛剤を使い始めてから、少し抜け毛が減ってきました。発毛しやすい頭皮の状態を作ってあげるのは、自分自身の努力も必要ですが、その補助的な役目は、やはり自分に適した育毛剤の選び方が一番大事ではないでしょうか。選び方を間違えると、さらに頭皮状態が悪化しかねません。薄毛で悩む仲間に私は言いたい。まだあきらめないで欲しいです。

 

今、使っている育毛剤、本当に自分に合ったものでしょうか。真剣に商品選びをしてみませんか。私は、実際に徐々にではありますが、改善に向かっているところです。無理して高価な商品を選ぶことはないと思います。続けられる範囲内で、髪と頭皮をいたわってあげる商品を探すことが重要でしょう。

「継続は力なり」です。「あきらめたら、そこで試合終了」です!きっと今より明るい育毛ライフが待っていると思います。

 

2015年7月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sun2smori

本当に効果のある育毛剤の選び方

髪の悩みの中でも、薄毛や抜け毛以外にも、頭皮のべたつきや臭い、ふけが出るといった悩みを抱える人は多く、何かしら頭皮にトラブルを抱えている人は、決して少なくありません。頭皮は、髪の毛を作り出すもとになる大切な部分であり、正しいケアをすることで、髪にまつわる様々なトラブルを解消することが出来ます。

頭皮の状態を改善するために、育毛剤を使ってケアすることは多いのですが、育毛剤の選び方に迷ってしまうほど、現在では、非常に多くの種類が市販されています。

現在の育毛剤には、大きく分けて、男性ホルモンを抑制するもの、地肌の血行を促進するもの、毛母細胞を活性化させるもの、毛根部分に栄養を補給するもの、などに分類することができます。
男性ホルモンの増加で起こるAGAと呼ばれる男性型脱毛症には、男性ホルモンを抑制するタイプが向いています。

運動不足やふだんの生活習慣の乱れ、ストレスなどによって頭皮の環境が悪化すると、血行不良で頭皮に栄養が届きにくくなり、その結果、抜け毛や薄毛を引き起こすことがありますが、そんなときには、頭皮の血行を促進するタイプの育毛剤が効果的です。

また、様々な原因によって、髪を作り出す毛母細胞の働きが弱ることで、抜け毛などを招いている場合には、毛母細胞を外側から直接刺激するタイプの育毛剤を使うことがおすすめです。

さらに、栄養不足によって髪の成長が妨げられている場合には、毛根部分に栄養を補うタイプの育毛剤の使用が適しています。

このように、数多くある育毛剤の中から、自分の症状や薄毛や抜け毛などの原因を把握して、自分の原因に最も適したものを探し当てることが、育毛剤の選び方の最大のポイントになります。

テレビコマーシャルなどの視覚的なイメージや口コミなどに流されることなく、自分の症状や原因を正確に把握し理解した上で、それぞれの特徴にあった選び方をすることで、効果が最大に発揮されるものです。

さらに、安全性などをしっかりと意識した上で作られているものを選ぶことが重要なポイントです。

 

 

2015年7月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sun2smori

育毛剤の選び方が分からない時は、医師に相談する

育毛剤の選び方がわからないときは、医師に相談をすることによって、どの育毛剤が自身に最適なのかがわかるようになります。特に、男性は、神経質に育毛剤の選び方を考えなくてはいけません。実際に、医師に相談することによって、育毛剤の選び方の悩みを解消することが出来ました。

では、なぜ頭皮の状態を医師に診断してもらうことが大切なのでしょうか。

実は、男性の薄毛の症状は、後天的な生活のみによって生じるとは限らないからです。経験上、頭皮の状態は良く、身体の健康状態も良好なのに、薄毛が進行してしまうということは、男性の立場からすればよくあります。このような状況を改善するために、市販の育毛剤を利用してもあまり効果がないことがほとんどです。そのため、医師にきちんと相談して対策をとってもらうことが大切です。

 

医師に診断して診てもらうと、中には、男性にしか発症しない特殊な脱毛症状に襲われていることがあります。事実、そのような診断をされてきちんと治療をすることで、症状を改善することが出来ました。このような症状は、男性ホルモンを原因として男性型脱毛症と呼ばれています。

男性型脱毛症は、男性が元々含蓄している男性ホルモンによって生じる症状で、特定の薬を服用しないと治療することができません。この薬のことをプロペシアと言いますが、プロペシアを飲むと、身体の男性ホルモンが生み出す発毛阻害物質を抑える効果が期待出来ます。

プロペシアを購入するときには、自由診療で、全額本人がお金を負担しなくてはいけません。つまり、保険の適用がないということになります。しかし、一般的な市販薬と比較しても、プロペシアの料金は高くありません。

保険が適用されていない金額と市販の高い育毛剤の価格を比較すると、市販の育毛剤の方が費用が高くなることもあります。そのため、きちんと診断を受けて男性型脱毛症だと診断されたときにはきちんと薬を購入することが大切です。

プロペシアを服用すると1年後には実感できるくらいの発毛効果を期待出来ます。

 

2015年7月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sun2smori

その人に合った育毛剤の選び方

育毛剤はその人にあったものを選択しないと、肌にあわないものを使ってしまうことになるため頭皮がかぶれてしまったりすることがあります。実際にそのような経験をしたことがありますので、育毛剤を選択するときにはまずその育毛剤にどのような成分が入っているのかを確認しなくてはいけません。

選び方としては、頭皮の状態を改善して育毛の環境を整えるものか、足りていない栄養分を頭皮に対して補充するかのどちらかで選択することが大切です。選び方でこのような選択になるのは、育毛剤に含まれている成分が頭皮の目的別に分けられているからに他なりません。

頭皮の状態そのものを改善するための薬品には、一般的にミノキシジルという成分が含まれています。ミノキシジルは、頭皮の状態を改善するための薬で毛細血管を拡張させる作用があります。なぜ毛細血管を拡張させることが大切なのかというと、髪の毛の栄養分が毛細血管の血液から入ってくるからです。頭皮の毛細血管の働きが低下してしまうとこの役割も低下してしまうことになるため、自然と薄毛が進行します。そのため、頭皮をマッサージして頭皮がかたい状態にあるのならばこちらの育毛剤を選択することです。

また、もう一つの栄養分を補充するための育毛剤に関しては一般的にアミノ酸が含まれているものが大半です。なぜアミノ酸が含まれていると良いのかというと、アミノ酸は体内に吸収されると分解されてたんぱく質と同じ効果を発揮するからです。体毛はたんぱく質を主成分として構築されているものであるため、アミノ酸を効率よくとれば非常に質の良い髪の毛を育てることが出来ます。日常生活の中で身体に必要な栄養分をとることができていないと感じている人は、こちらの育毛剤を選択することが好ましいです。

このように、選び方はその人の頭皮の状態を確認してから考えることが大切です。実際に、肌にあったものを使えば髪の毛がよく生えてくるようになりましたので、体質や自身の状況にあったものを選択しましょう。

 

2015年7月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sun2smori